静的サイトとWordPressをメリット、デメリットで比較する

静的サイトとWordPressを比較

自分にあったホームページとは?

ホームページを製作する時、ご自身に必要なホームページとは一体どんなものなのでしょう?

毎日更新するの、ホームページ担当者が居るのか、どんなことがやりたいのか、費用はどうか、この先の展望やグランドデザイン等々。

一概にホームページといってもさまざまな形があります。今回はご自身がどんなホームページを作ればよいのか、主流となっている静的サイトとWordPressについてメリット、デメリットを比較してみたいと思います。

静的サイトとは

静的サイトは別名フラットページや固定ページと呼ばれ、サーバー上に保存されたデータをそのまま配信するタイプのウェブページです。あらかじめ保存された情報をすべてのユーザーに同じように表示するので、静的と言われます。

企業のコーポレートサイトや名刺的に使うサイトは静的サイトが多い印象です。最近はビルドによってHTMLを生成する静的サイトジェネレーター(Static Site Generator)が、非常に高速でセキュアなので人気が高いです。

静的サイトのメリット

  • 表示速度が早い
  • サーバーコストが安い
  • セキュリティリスクが低い
  • 負荷に強い

静的サイトのデメリット

  • 初心者には扱いづらい
  • 複数人管理が難しい
  • リアルタイムな情報を表示しづらい
  • ユーザーごとの表示切り替えができない

WordPressとは

世界で一番使用されているコンテンツマネジメントシステム(CMS)です。WordPressは無料で使用でき、専門知識がなくても簡単にコンテンツ管理ができます。拡張性も高くブラウザ上である程度の更新が可能なので、鮮度の高い情報を表示するのが得意です。

WordPressはページにアクセスされる度ページを生成する動的サイト。ユーザーごとに表示を切り替えたり、頻繁に更新するニュースサイトやブログなどはWordPressが得意とする分野です。一方で有名CMSなのでハッカーの攻撃対象になりやすく、サイトの管理コストは高いです。

WordPressのメリット

  • 初心者にも扱いやすい
  • 複数人で管理しやすい
  • ユーザーごとに違う表示ができる
  • 拡張性が高い

WordPressのデメリット

  • 表示速度が遅い
  • 管理コストが高い
  • セキュリティリスクが高い
  • アップデートのリスク管理が必要

静的サイトとWordPress、それぞれが得意なサイトを考える

静的サイトに向いているサイト

  • 更新頻度の少ないサイト
  • ページ数の少ないサイト(50ページ以内)
  • セキュリティ的に強さを求めたいサイト
  • メンテナンス工数を少なくしたいサイト

WordPressに向いているサイト

  • 更新頻度の多いサイト
  • 複数人で管理したいサイト
  • ページ数の多いサイト
  • ブログを伴うサイト

今回のまとめ

それぞれに得意分野と不得意分野がありますね。必要ないのにWordPressでサイト構築して管理コストが高くついたり、静的サイトにしたためサイト拡張が難しくなる、などといったミスマッチが起きないよう、適切なサイト運営とサイト構築方法を選びたいですね。